はじめに

 日本は文学が盛んな国として世界的にもよく知られています。平安時代以前から物語はさまざまな形で生み出されてきました。一時期はテレビなどの他のメディアに押されてしまい、衰退しかけてしまった時期もありましたが、近年その魅力が再び注目されはじめています。

文学の衰退から復興

ビル

 一時期衰退してしまった原因はやはり、他の娯楽に人気を奪われたことによるものと考えられています。しかし、どうして近年、再び注目を集めるようになったのでしょう?その理由の一つとして、読書の形の変化が挙げられます。スマートフォンやタブレットPCなどが普及したことによって、重い本を持たなくても手軽に読書を楽しむことができるようになっています。電子書籍が登場したことによって、読書は一気に身近なものとなりました。読みたいときにすぐに呼び出し、読みはじめることができてしまいます。ディスプレイの精度も高くなったため、長時間読んでいてもつかれることもありません。そして、拡大や縮小も自由ですので自分に合わせたスタイルで読書を楽しむことができるようになっています。これが文学の復権の理由の一つでしょう。
電子書籍リーダー比較Web

本屋や図書館も必要ない

 これまで、本を読むには本屋で購入したり図書館で借りたりすることが必要でした。しかし、膨大な数の本の中から目当ての一冊を見つけるにはとても時間がかかってしまいます。忙しい現代人にはそんな時間をとれるはずもなく、読書を楽しみたくても諦めてしまう人がほとんどでした。しかし、電子書籍であれば作者やタイトルを入力すればほんの数秒でお目当ての作品を探し出すことができます。タイトルがわからない場合でも、本文の一部やあらすじから探し出すことも可能となっています。デジタル技術が進歩することによって、読書はもっと衰退して行くと予想する人もいました。しかし、このデジタル技術を利用することによって文学は再び注目を集めることに成功しています。一時期、若者の活字離れが嘆かれていた時代もありました。しかし、手軽に書籍に触れることのできる環境さえあれば、多くの人がもっと読書を楽しむことができたといえるのではないでしょうか。