谷崎潤一郎はエロい私生活を小説で昇華させた!?

 谷崎潤一郎は東大在学中に書いた「刺青」「少年」などの作品が永井荷風の目にとまり文壇に登場、若くして独特の才能を発揮した天才です。「春琴抄」や「痴人の愛」などマゾヒズム的な官能美の文学は、世界的に見ても類のない、独自の世界を描いています。ノーベル文学賞の候補にもあげられたことのある大作家ですので、清廉で立派な私生活を送った人のように思われがちですが、実はかなりワイセツで淫乱な人でした。さらに、その妻は妻でかなりの強者。谷崎が友人の佐藤春夫に自分の妻を譲った話は有名ですが、その時妻は別の男とも姦通していたのです。谷崎は官能的な私生活を自分の作品の中で活用する一方で、作品の世界を私生活に適用して官能の人生を送りました。

谷崎は妻の妹をたぶらかしていた!?

ビル

 谷崎の代表作のひとつ「痴人の愛」はナオミという少女を「私」が女として育てていく物語です。ナオミはどんどん奔放(ほんぽう)にエロチックになっていき、「私」はそれに翻弄(ほんろう)されつつも快楽にひたっています。若い愛人に振り回される男の姿は、哀れなのに官能的。異常なほどの心理的マゾヒズムの世界は、現実にはあり得ない話のように思われますが、実は谷崎自身の実生活をベースにした物語です。

ナオミのモデルは谷崎の妻千代の妹せい子、彼にとっては義理の妹です。彼はまだ14才だったせい子を自分の家に住まわせ、教養を身につけさせるとともに愛人にもします。ひとつ屋根の下で妻とその幼い妹との怪しい生活をつづけたわけです。二人の女との性生活の中で、谷崎は妻よりも妹のせい子との方がセックスの相性がいいと感ずるようになり、妻を捨てようと考えます。それが、「妻君譲渡事件」につながりました。

谷崎の妻には愛人が二人いた!?

 1930年、谷崎潤一郎と詩人佐藤春夫とは、谷崎の妻千代を春夫に譲るという約束を結び、世間に発表しました。これが有名な「妻君譲渡事件」です。谷崎の友人であった春夫が千代を寝とり奪ったわけですが、実はそれだけの単純な話ではありませんでした。谷崎は妻よりも妹のせい子を気に入り結婚するつもりであり、千代との性生活はどんどん少なくなっていました。千代の性的不満を解消したのが佐藤春夫であり、精神面でもセックスの面でも千代を満足させていましたので、「妻君譲渡」は誰もが納得する形のスムーズな解決のように思われました。

しかし、実は千代は佐藤春夫とだけ密通していたわけではなく、谷崎の弟子だった和田六郎とも関係していたのです。千代は谷崎、和田、春夫の3人の男と同時に性的につながっていたことになります。かなりの淫乱妻だったわけです。佐藤春夫との妻君譲渡の前に、いったん、谷崎は和田に妻を譲るという話をまとめていました。それを聞いた佐藤春夫が千代と3人で話し合い、和田から千代を奪ったのです。谷崎から和田に譲られた女が、さらに和田から春夫に譲られたことになります。

妻を譲ったことで独身となった谷崎ですが、せい子に結婚を拒絶されてしまいます。「もっと若い男の方がいい」とせい子は思ったのでしょう。谷崎は妻を渡すのが惜しくなり撤回しようとしますが、後の祭り。取り戻すことはできませんでした。谷崎はこうしたややこしい姦通経験を通して、わが国の文学史に残る傑作を生み出しました。