初めての電子書籍リーダー選び

 電子書籍を楽しむ上で必ず必要となるのが、電子書籍に対応した端末です。普及が進むにつれて、多くのメーカーからさまざまなタイプの電子書籍リーダーが登場しています。

しかし、初めて電子書籍を導入する場合、あまりにも種類が多すぎてどれを選べば良いのか分からなくなってしまう人も多いでしょう。ここでは、そんな電子書籍リーダーの選びのポイントをご紹介したいと思います。

専用機か汎用機か

ビル

 まず、機種選びに入る前に、電子書籍を読むことだけに特化した専用機とさまざまな用途に使用することのできる汎用機のどちらを選ぶのか決めましょう。

まず、専用機のメリットは操作がシンプルで軽量、そしてバッテリーの持ち時間が長いという点です。ただし、基本的に電子書籍を読むという用途以外には使用することができません。

汎用機のメリットはやはりさまざまな用途に使用することができるという点でしょう。機種によってはネットサーフィンやメールのチェックはもちろんのこと、さまざまなアプリを導入して機能を拡張することができます。しかし、多機能な分、操作は若干複雑になってしまいますし、専用機と比較して重量も重く、バッテリーの持ち時間も短くなってしまいます。

双方のメリット、デメリットを確認した上で自分に合ったものを選びましょう。

利用したい電子書籍ストアに対応した機種を選ぶ

 現在、ネット上には多くの電子書籍ストアが存在しています。それぞれのストアが異なった特徴を持っており、当然品揃えも異なっています。ですので、自分の利用したいストアを探し、そしてそのストアに対応した機種を探しましょう。

機種によっては、そのメーカーの運営するストアにしか対応していないこともありますので購入前に必ず確認するようにしておきましょう。

各ストアの特徴をまとめて比較することのできるサイトなども存在していますのでこれらを利用すれば簡単に自分に合ったサイト、そして対応する機種を見つけることができます。

多くの書籍リーダーの中からであっても、このようなポイントを押さえれば自分に合ったものを見つけ出すことができます。電子書籍リーダーを手に入れて、もっと読書を楽しみましょう。