文学の楽しみ方

 村上春樹などの人気作家が新作を発表するたびに、書店に行列ができます。また、過去の文豪たちの名作の復刻版などが多く出版され、高い人気を集めています。このような状況から見ても、文学が今再び静かなブームになっていることを知ることができるのではないでしょうか。そんな文学の魅力や必要性を考えてみましょう。

文学の魅力

ビル

 日本語はとても美しい言語であるといわれています。他の言語では表現することのできない細かな感情の動きまで、描写することのできるハイレベルな言語の一つです。この日本語を駆使して世界を紡ぐのが文学作品です。もちろん、小説においてもストーリーを重視するジャンルも人気を集めていますが、やはり日本文学の醍醐味は、細かい心の動きなどを描写して純文学にあるのではないでしょうか。ストーリーの展開を追うだけであれば、なにも小説である必要はありません。むしろ、マンガや映画の方が適しているかもしれません。文学はこれでしか表現することのできない世界を描き続けることによって、その魅力をフルに発揮することができるでしょう。

文学作品をより楽しむために

 現代の作家の作品を読むのも良いですが、その作家のルーツになった過去の作家の作品に目を向けてみることも大切です。作家になる人の多くは、さまざまな文学作品に触れながら成長してきています。ですので、好きな現代作家がいるのであれば、そのルーツとなる作家の作品も併せて読むことでその世界観をより深く知ることができるのではないでしょうか。こういった楽しみ方ができるのも、長い歴史を持つ文学ならではの楽しみなのではないでしょうか。

 文学の世界はとても奥深く魅力的なものです。一度足を踏み入れる、決して逃れることはできないほどの魅力を持っています。そんな奥深い読書の世界をもっと楽しんでみましょう。