本屋大賞受賞!調律師の少年の成長を描く『羊と鋼の森』

 2016年に本屋大賞を受賞した、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』。本屋大賞といえば、日本全国、多くの読者から注目を集める賞です。本屋さん自身が"読んでほしい本"をオススメするスタイルは、文学賞とはまた異なる楽しみがあり、ユニークですね。見事、大賞に選ばれたこの作品には、一体どのような見どころがあるのでしょうか。

今回は、『羊と鋼の森』についてご紹介するとともに、その魅力に迫ります。まだこの話題作を読んだことがない方も、ぜひチェックしてみてください。

『羊と鋼の森』ってどんな小説?

ビル

 高校生の外村は、ある日ひょんなことから、体育館のピアノを調律している調律師の仕事現場に立ち会います。彼の調律によって、みちがえるように変わってゆくピアノの音を聞いた外村は、それまで思ってもみなかった調律師の仕事へと、興味を抱くようになりました。

それから外村は、調律の専門学校へと進学し、卒業後には見事、調律師として働き始めます。しかし、そこではさまざまな壁が、彼を待ち受けていました。社会人として、調律師として未熟な彼は、先輩調律師たちのそれぞれのスタイルに心を揺らしながらも、日々の仕事に没頭してゆきます。

そして、同じ職場には、あの日彼の心を動かした調律の技術を持つ、憧れの調律師の大きな姿が――。調律師の仕事を通して成長してゆく青年と、仕事と向き合うたくさんの人間のドラマにあふれる小説です。まだお読みになっていないあなたは、ぜひお手に取ってみてください。

"新卒小説"としての魅力

 『羊と鋼の森』は、調律師という特殊な仕事を題材にした作品です。おそらく、多くの方にとっての未知の仕事と、そこで働く調律師という人間の物珍しさに、とりわけ目を引かれるのではないでしょうか。しかし、実はこの作品において注目すべきは、これが調律師の仕事の小説でありながら、"新卒小説"でもあるという点でしょう。

人生で"仕事"というものに初めて向き合う、新卒の時期。すでに社会人として働いている方は、この作品を読んで、ご自身の新卒時代を顧みるかもしれませんね。一方、まだ働いたことのない方は、「仕事って、どういうものだろう?」と期待と不安の入り混じった気持ちになるでしょう。

『羊と鋼の森』の主人公こと外村は、調律師という仕事の難しさとともに、仕事そのものの難しさにもぶつかります。「同僚の先輩社員は、どうやって仕事と向き合っているだろう?」 ……時には、先輩のやり方に納得できないこともあるでしょう。それでも、みんなそれぞれに家庭があって、人生がある。

それから、仕事において何より大切な、"お客さん"の存在があります。お客さんが、調律師たちにどんな音を求めているのか。時には、プロとしてため息をつくようなお客さんにも出会うかもしれない。そうやって、初めて"仕事"にまつわるあれこれと、自分なりの折り合いをつけてゆく。そんな"新卒小説"を、あなたも味わってみませんか。

今回は、宮下奈都さんの『羊と鋼の森』をご紹介しました。この話題作をまだお読みになっていないなら、ぜひこの機会に手に入れてみてください。