誰でも作家になれる時代がきた?!KDPってなに?

 かつての個人出版には、とてつもなく高いコストがかかりました。中には、数百万円がかかるということで、借金してまで本を出す人もいたでしょう。現在でも、紙の本で自費出版をするとなると、変わらずお金がかかります。

しかし、電子書籍で出版すれば、多額のコストやリスクを背負うことなく、自分の本を世の中にリリースできるのです。今回は、そんな最先端の個人出版であるKDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)についてお伝えします。

無料で出版できる!

ビル

 KDP(Kindle ダイレクト・パブリッシング)とは、大手通販サイトAmazonが提供している、電子書籍の出版サービスです。作品とAmazonアカウントさえ用意すれば、誰でも電子書籍を出版できるようになっています。

KDPで自分の本を出版する流れは、まず作品の文字データを電子書籍ファイルに変換し、それをKDPのページ上でアップロードするという、極めてシンプルなもの。電子書籍ファイルへの変換については、ネット上でいくつか無料のサービスがありますから、こちらに関しても、どなたでもリーチできるようになっています。

これまで「自費出版」というと、ものすごくお金がかかるとか、老後に余ったお金でやるものだとか、借金をしてまでやるものだとか、かなり重たいイメージがありました。しかし、KDPが登場した今、誰もが今すぐにでも本を出版できる状態となったわけです。「いつかは自分の本を……」という夢を抱えている人は、その時を待つよりも思い切ってKDPを始めてしまった方が、話が早いでしょう。ひとまず、"誰でも作家になれる時代"が来た、のかもしれません。

市場は"玉石混交"との批判も

  "誰でも作家になれる時代"というのは、「とりあえず電子書籍で個人出版をすれば、本が売れる時代」ではありません。かつての"ブログブーム"や"携帯小説ブーム"がそうであったように、誰もが作家になれるということは、当然、全体的な市場の質の低下を引き起こします。

プロの作品とアマチュアの作品が混在する電子書籍マーケットは、"玉石混交"と批判されるほど、複雑な状態になっています。読者が「面白い作品を読みたい!」と思って本を探しても、実際に面白いと感じるに足る作品に到達するのは、至難の業。出版社でプロの目を通して、ある程度の普遍的な価値が担保された紙の本の市場とは、わけが違うのです。

そういうわけで、本当に自分の本を多くの人に売りたいのならば、その売れ行きをすべて人任せにはできないという現状があります。"誰でも作家になれる時代"でいうところの"作家"は、誰もが自分で本の営業をしなければなりません。ひとりで本を出したなら、お金がかからない分、助けてくれる人が誰もいないのです。市場にあふれる数ある作品の中でも、自分の作品を読んでもらうために、周囲の人に営業をする――それが、かつての自費出版におけるコストと比べてどの程度の負担になるのか。そのあたりが個人の価値観に任されているのかもしれませんね。

今回は、KDPでの出版についてお伝えしました。これまで何百万円もかけて出版していたものを、無料でできるようになった時代。その代償として、また別の困難があるのかもしれませんね。あなたも電子書籍を通じて、自分の本を出版するチャンスを掴んでみませんか?