電子書籍のメリットってなに?

 もしもあなたが読書好きなら、その偏見を打ち破って、電子書籍の世界に一歩足を踏み入れてみてほしいのです。そして、電子書籍ならではの読書体験をご自身で感じ、そこで見出した新たな楽しさを、ぜひ身近な人たちへ伝えてください。今回は、そんな電子書籍での読書への一歩を目指して、「電子書籍のメリット」についてお伝えします。

電子書籍は今すぐ無料で読めるのをご存じですか?

ビル

 “電子書籍元年”という言葉が生まれてからすでに何年も経過しましたが、思うように普及率が伸びない現状が続いています。このように、電子書籍が伸び悩む理由のひとつとして考えられているのが、敷居の高さです。PCやスマートフォンに無料でインストールできるアプリが配布されているにもかかわらず、未だに「電子書籍は専用端末で読むもの」という誤ったイメージを、多くの人が持ったままの状態になっています。

実は、電子書籍を読むのに専用端末はいりません。なぜなら、日本人のほとんどの人がすでに所持しているデバイスで、電子書籍が読めるからです。PCなら、windowsでもMacでも。スマートフォンなら、iPhoneでもandroidでも。これらのすべてに対応した、無料のアプリが配布されています。あなたはもう、電子書籍を今すぐ読める状態にあります。

さらに、各電子書籍ストアには、版権の切れた文豪の文学作品が、読み切れないほど転がっています。お金を出すのに抵抗があるなら、まずは無料で始めてみましょう。

読書がもっとスマートになる!

 本を読むのが好きな人は、時間さえあればどこでも読書できるように、鞄の中に本を入れて持ち歩いています。ところで、読書好きのあなたはいつも、こんなことを不便に思っていないでしょうか? 鞄の中に入れておいた本のページが折れたり、破けたりしてしまう。1冊読み終わってしまったらどうしようという不安で、2冊以上の本を鞄に入れて、重たい思いをしている。――もはや当たり前のことだから、今さら気にもとめていないかもしれませんね。しかし、一度電子書籍での読書に足を踏み入れたが最後、これらがちょっとした“不便”に感じられるようになるでしょう。

紙の本での読書というのは、非常にアナログな行為です。だからこそ、「良質な紙の感触」や「年季の入った本のにおい」などの愛着が生まれる。それは確かですが、とはいえ“すべての読書において必ずそのアナログな体験が必要なのか”といえば、100%その通りではないでしょう。時には、電車の中でパッと読みたい本もあるし、本棚に置いておきたくない本もある。電子書籍は、そんなスマートな読書を可能にします。どんなに厚い本も、薄くて軽い端末にデータを入れて持ち運べますし、購入すれば著作者に直接お金が入ります。読まなくなった本は、端末からデータを削除すればいいわけです。不必要になった本を処分するという発想がなくなります。

電子書籍を利用するのは、紙の本を大切に扱う精神とは、矛盾しません。紙の本は紙の本、電子書籍は電子書籍、それぞれの良さを生かして利用すればいいわけです。ただ、まだ読んでもいないのにイメージや偏見にとらわれて、新しい読書体験にリーチできないのは、非常にもったいない。一度読んでみて合わなかったら、それでいいのです。まずは一歩、踏み出しましょう。

今回は、電子書籍のメリットについてお伝えしました。これを機に、電子書籍による新しい読書を体感してみてはいかがでしょうか。