作品のルーツを探る

 文学作品の中には、実際に起こった出来事や、他の作品をモチーフとしているものも少なくありません。中には、ルーツを知らなければその作品のもつ本当に意味にたどり着くことができないケースもあります。ある程度文学を楽しむことが出来るようになったら、次はそのルーツを探ってみましょう。

作者からルーツを探る

ビル

 まず作者が強く影響を受けた作品などを探ってみましょう。有名作家であれば、少し調べれば影響を受けた作家や作品などの情報は簡単に得ることができるでしょう。それを元にして作品をチェックしてみましょう。すべての作品を読んでみても良いですが、タイトルや大まかなあらすじなどから、知っている作品のルーツとなっていそうな作品を選んで読むと作家が受けた影響の大きさが浮き彫りになります。

文芸評論書などから探る

 専門的な文芸評論書などを読めば、ルーツとなった作品との比較がされていることもあります。これを元に、もう一度その作品とルーツとなった作品を読み比べてみましょう。こうすることで、その作品の別の意味やこれまで自分ではたどり着くことのできなかったテーマなどを知ることができるかもしれません。

実際の出来事を調べる

 実際の出来事をモチーフとしている場合は、その事件などを探し、その詳細を調べるだけですのでそれほど難しくありません。現在ではネットを利用すればさまざまな情報を得ることができます。実際の出来事とは地名や事件の呼び名などが異なっていることもありますので、発生した時代などを背景にその出来事を探してみると良いでしょう。

このように、その作品のルーツを知ることができれば、より深く理解することができます。作品単体から読み解くことに限界を感じたのであれば、このように別のアプローチに挑戦してみましょう。

ここでご紹介したのは、文学のさまざまな楽しみ方の一部に過ぎません。これを一つのヒントとしてもっと自分ならではの文学の楽しみ方を探してみましょう。そして、読書という趣味をより充実したものにして行きましょう。