世界的名作文学を面白可笑しく読み解く『罪と罰を読まない』

 ドストエフスキーの『罪と罰』と言えば、誰もが知る、世界的に有名な文学作品です。しかし、実際にこの作品を読破したことがある人は、実はそれほど多くないのかもしれません……。もしかしてあなたも、「もう読んだ?」と問われて、読んだフリをしたことがありませんか? 

読書好きのあいだでは、"『罪と罰』をすでに読んでいる"がひとつのステータスのように扱われています。まるで、この作品を読んでいないことが、ひとつの恥であるかのように……。『罪と罰を読まない』では、このような『罪と罰』にまつわる権威の問題に、面白おかしく、しかし本質的に切り込んでゆきます!

『罪と罰を読まない』はどんな本?

ビル

 翻訳家の岸本佐知子さん、作家の三浦しをんさん、クラフト・エヴィング商会の吉田篤弘さんと吉田浩美さん。4人はある日、"禁断の読書会"を決行します。それは、あのドストエフスキーの名作『罪と罰』をこれまでに読んだことのない4人が、『罪と罰』を一切読まずに集合し、その場で『罪と罰』について語るというもの……!

それはまさに、許されざる読書会でした。"すでに読んでいること"が一種の権威ともなっているこの作品を、出版業界で名の知れた4人が、実はまだ読んでいなかったという驚愕の懺悔! 事態はそれだけに留まらず、4人はあろうことか、この作品を「読まずに読書会を開く」という面白おかしいフィールドに引きずり込んでしまったのです!

こうして始まった禁断の読書会は、しかし思わぬ方向へ展開します。そもそも、"読んだ"というのは一体どういうことなのか――お茶らけた発言で読者を笑わせながらも、"読書"という行為の本質へ、ぐんぐん切り込んでゆきます……。このおかしな読書会が、一体どういう顛末を迎えるのか、ぜひあなたもお手に取って確かめてみてください。

新しい読書の可能性が開ける

 文学を面白おかしく読んではいけない、文学はマジメに読むものだ、このように読むべきだ――こういった圧力は、どこから生まれたのでしょうか。そもそも文学そのものは、なにものにもとらわれない無限の可能性を持っています。それがいつの間にか、「こうやって読むべきだ」という虚ろな押しつけによって、ガチガチに固められていた。『罪と罰を読まない』は、このような無意識の枠組みを解いて、新しい読書の可能性、読書会の可能性を切り開いた作品だと言えるでしょう。

『罪と罰を読まない』は、今どこかで読書会に参加している人や、これから読書会に参加したい人にもオススメします。本は基本的にひとりで読むものですが、読んだ後に誰かと交流すれば、さらに視界がクリアになることもあるのです。そんな読書会の醍醐味を、4人の交流の様子から見出して、ぜひあなたの今後の読書会でも生かしてみてください。きっと、「こんな楽しみ方もあったんだ!」と目からウロコの発見がありますよ。

今回は、岸本佐知子さん・三浦しをんさん・吉田篤弘さん・吉田浩美さんによる『罪と罰を読まない』をご紹介しました。読んでいてクスッと笑ってしまうこと間違いなしです! 自分のこれまでの読書と、これからの読書について考え直すいいきっかけにもなる1作ですから、読書好きなら読んで損はありません。